こんにちわ。八尾の守山鍼灸整骨院です。

今回は冬のセルフケアについて書きたいと思います。

東洋医学的に冬とはすべてのものが内に深くしまわれ、果実は種として保存される季節だと考えられます。要はしっかりと身体を休める時期だということです。冬はしっかりと休み、春から活発に活動できるように体調を作っていくのが大切です。

冬の病気は【冷え】が一番の原因になります。この冷えをうまくコントロールできるかかがセルフケアにとって大事です。

当院では【肌を守る】ことを患者さんにすすめています。皮膚表面は呼吸器と関係が強く、呼吸器の状態が皮膚にあらわれることも多いです。また皮膚表面は呼吸器によって循環され皮膚の潤いを保っています。

昔からある乾布摩擦はすごく効果的です。最近ではあまり聞かなくなりましたが、特に子供さんで冬によく風邪をひくであったり、体調がずっと良くない子供はやったほうがいいと思います。大人でも効果はあります。皮膚表面を刺激し冷えの侵入を防ぎ、皮膚と関係の強い呼吸器も強くしてくれます。

なかなか時間を作って乾布摩擦するのもめんどくさいと思われる方も多いと思うので服の脱ぎ着に30秒でも構わないのでしてもらえたらと思います。特に背中の肩甲骨の間に大切なツボがたくさんあります。あと冬からはじめるよりは秋からはじめるほうが効果的です。冬に向けて身体を作るということです。

あと身体の芯を温める冬野菜をとるということも大切です。白菜、ホウレンソウ、小松菜、ねぎ、ゆり根、大根、水菜、かぶなどがあります。季節の食べ物を食べることにはその時期をうまく過ごすための意味がありますので、意識してもらえたらと思います。