小児はりについて

皆さん、こんにちは。
守山鍼灸整骨院 院長の守山です。

0歳から5歳くらいのお子様をお持ちの方

「夜寝ているときに突然子供が泣いてしまう」「なにか機嫌が悪そうだけどなぜかわからない」など子供の夜泣き、かんしゃく、ひきつけといった症状にお困りの方も多いのではないでしょうか?

特に夜泣きに関してはお母さんお父さんは夜もなかなか寝れずに大変だと思います。

今日は夜泣きについて説明した後、守山鍼灸整骨院で実際に行っている【小児はり】について説明したいと思います。

・夜泣きでも一人ひとり原因が違います。

小児の夜泣きでもバランスの崩れ方はいろいろあります。
たとえば激しく夜泣きをして大変なお子さんの場合はうまく熱を発散できずに体に熱がこもってしまうケースが多いです。
よく髪の毛が逆立っている子や眉間が青くなっている子に多いです。

この場合当院では小児はりで全体の流れを良くするようにしリラックスしてもらい熱を発散していきます。
あとお母さんが必要以上に厚着させている場合もあるのでその子の状態にあった生活のアドバイスも伝えさせてもらってます。

次にぐずぐずとずっと泣いている場合は胃腸がまだしっかり成長していなく冷えてしまっているのでお腹周りを刺激して冷えを取り除くようにしていきます。
この場合はよくお母さんが赤ちゃんがお腹が減っていると思い余計にミルクをあたえて、冷えが悪化していることがあるのでそれも気を付けるポイントだと思います。

小児はりはすごく昔からある方法で赤ちゃんやお子さんの肌を優しく刺激することで自律神経に作用して血流を良くし、身体のバランスを整えるということをします。

え、でも赤ちゃんにはりとか可哀そう、、、そう思うお母さんも多いのではないでしょうか?

実際小児はりで使われるものはこのように先端の丸くて【刺さないはり】を利用しますので心配しなくても大丈夫です。このはりを使って全身を優しく刺激して血行を良くし自律神経を整えていきます。

先述した通り、夜泣きといってもいろいろな状態があるのでその子にあわせて小児はりを行い、生活面でのアドバイスやお母さんやお父さんが自宅でできる小児はりをお伝えしています。自宅ではドライヤーや歯ブラシを使ってもらいます。最初はうまくいかなくても皆さん慣れると上手にできるようになりますので大丈夫です。

小児はりは気持ちが良いものです。お子さんが笑顔になり健康を維持するのを手助けしてくれますので、夜泣きなどでお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

守山鍼灸整骨院ではスポーツ外傷や全身調整、自律神経症状へのアプローチもしております。お問い合わせ&ご相談もお待ちしております。